W5uyChHt8RhI1EbEGK9ycSP_4Sf67BPeP2RhsO58duY/

京大合格を夢見る一浪の日記。2019

現役時に京大落ちて河合塾で浪人してます。これから浪人をされる方や、浪人をしている方の参考になれば嬉しいです。河合塾、栄冠寮の内面を赤裸々に綴ります。毎日更新!!

大学で学ぶ意義&嫌いな人との接し方(5月9日

今日は木曜日ということで、ちょっとハードな日です🙃

というのも、英文解釈のあとに二時間連続で日本史があって、日本史の内容が濃すぎてとても面白いけど疲れるんですよね。

ということで、今日も一日がんばるぞい💪

 


朝、高校のある友達が今日誕生日だということに気づいてラインを送ったら

 

「ありがと〜!!
また時間できたら飲もう🍻」

だって😅😅

 

いや、飲まんわ😁😁😁😁


自分も大学入ったら未成年飲酒やるんかなぁ🤔🤔

 

嫌だなあ😅😅😅

 


英文解釈の刀禰先生の授業は毎回ほんっっとに安定してる!!

 

他の先生は「今日は得るものが多くてよかった」「今日はちょっと微妙だった」と自分の中での授業に対する感想が日によって少し変わるのですが、刀禰先生だけはほんとに一定。しかも超高水準。

 

一文解説して、自分の所見と雑談話して、また次の一文‥‥ってスタイルだから集中力が途切れないんだよね。

 

今日は大学で学ぶ意義の話と、嫌いな人との接し方みたいな話で結構面白かったです。

 

英語の表現面の話でも、例えば
個人的に仲良くするときは get along 人
仕事等で仲良くするときは deal with 人
など、今まで知らなかったようなことも結構聞けました。

 

参考までに今日の英文の全訳を上に載せておきます。

和訳なので、やや日本語が不自然で読みにくいかもしれませんが悪しからず。

(僕はこの文章に関しては和文より英文のほうが内容が頭に入ってきました😁)


f:id:kyo5281:20190602053749j:image


f:id:kyo5281:20190602053859j:image

 

(なんかブログにあげると画質悪くなるから、読めなかったらごめんなさい)

 

2つめの人間関係の文章は、日本人にとっては割と当たり前のようなことですが、これがわざわざ書かれたのは、聖書に「周りの人々を愛しなさい」的なことが書かれているからであって、生まれたときから聖書に縛られる西洋人が「どうしよ〜😫あの人とはどうしても気が合わないから仲良くできない😭😭私は神様の言うことを守れない😭😭😭」と嘆いているのを、「それはしょうがないことだから気にしなくていいよ」と諌めている文章らしいです。

 

英文を読むときはこういう西洋人の考え方の背景知識が結構大事になってきます。

難解な文章になれば尚更ね。

 

そういうのも全て教えてくれる刀禰先生は、やはり良い先生と言わざるを得ないです。

 


次は日本史〜

日本史の先生も相変わらず神なんだよなあ😍😍

宮本先生は京大文学部卒なのですが、実は一浪って話を今日聞いて親近感が湧きました😁

あと、僕の名前を覚えていたことが超嬉しい!!!

 

最初の添削プリント返すときに名前間違われて、それを訂正したときくらいしか会話してないのに!!

生徒想いだし、人を笑わせるのも上手いし、つくづくええ先生やわ〜😆😆

 


そう言えばなんか夕方に寮の見学者の人が来てた!

少し宅浪しようとして断念したのかな。。

 

受付の在不在の札を見る限り、最近少しずつ人数が増えてます笑

学期の途中からでも入塾できるのが河合塾の強みですね。

京大志望の仲間が一人でも入ってきてくれると嬉しいなあ。

 

 

それでは、また明日。